忍者ブログ
視力回復 子供のためのゲームソフト「パーフェクトアイ」
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
パーフェクトアイ
性別:
非公開
ブログ内検索
アーカイブ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


視力回復 子供のためのゲームソフト「パーフェクトアイ」






視力低下で悩んでいる人は、
「目はよくならないもの」という大きな思いこみがあることが多いです。

目は手術しない限りよくならない

という固定観念により、
視力が回復するチャンスを失ってしまってはもったいないですよね。

偏見を捨て、「視力低下は一種の病気」と考えることによって、
視力アップにスムーズに取り組み、回復する事ができます
(し、実際に上手くいっている人はそのような人が多いです)。

例えば、貴方のお子さんが風邪をひいてしまったときには、
病院へ連れて行き、薬を飲ませて治しますよね?

また、お子さんが病気がちな体質だったなら、食事や生活等に気を配り、
身体を丈夫にしてあげようと努力もすると思います。

なのに、視力が低下したという「病気」については、
そういった行動をせずに「しかたない」と放置する親御さんが意外にも多いのです。

何故そんなにあきらめてしまう親御さんが多いのかと言うと、
先程お伝えしたとおり、「目は悪くなったらよくならないもの」という意識や
間違った常識に捉われているからなのです。

しかし、お子さんの視力低下は風邪と同じ「治る病気」だと考えることができたら、
治せるような気が致しませんか?

これから、何故貴方のお子さんの視力が回復するか詳しくお伝えして行きますが、
まずはお子さんの視力アップを手助けする親御さんとして、

「お子さんの風邪を治すのと同じように、
病気や病気がちな体質を改善するのと同じように、
お子さんの視力低下も治してあげる」

という意識をどうか持って下さい。

また、お子さんが視力低下しやすい体質だったなら、病気がちなお子さんと同じように
食事や生活を見直してあげる必要があるのですから、
貴方の決断やお子さんを導いていく方向が、
お子さんの将来に大きく影響してくると言う事をお伝えしておきます。

そして、もうひとつ大事なことですが、、、

ヒップホップダンスをマスターしよう!“ダンススクールが苦手な人限定”ウザいくらい丁寧な『ヒップホップダンス』上達プログラム 【自己実現プログラム】普通すぎる大学生が1294万円稼いだ方法 少年野球・中学野球・草野球・あらゆる軟式野球の戦術、作戦、必勝法を網羅した軟式野球の兵法【野球】 離婚でこれ以上涙を流さないために 平成23年度版 宅建最重要問題集 目の下のクマ・たるみをなくす!“ネバーエイジング・ストーリー” Volcano FX


これは余り知られていない事実ですが、
視力が回復する可能性は、若ければ若い程高く、
成人してしまえば、極めて難しくなります。

例えば、0.1の視力が1.0に回復する確率でいえば、

5歳~7歳・・・78%
8歳~12歳・・・62%
13歳~15歳・・・45%
16歳~18歳・・・32%
と、年齢を重ねるごとにどんどんと減って行ってしまうのです。

わたしの経験からいえば、15歳までの子供の視力であれば80%の確率で回復します。

勿論、先程言ったような、劇的な回復とはいきませんが、
0.1を0.5にしたり、0.5を1.0にする事であれば、
10人に8人は可能なのです。

これは成長期にある子供の時期だけの話で、例外はありますが、
大人になってしまうと手術等以外での回復はほぼ見込めません。

子供のうちに、視力低下の原因をしっかり解決して、
正しい視力回復のアプローチをしなければ、手遅れになってしまうこともあるのです。

逆に言えば、子供のうちにやっておけば、
80%以上の確率で回復すると言う事でもあります。

目に対する対応が早ければ、早い程、回復の可能性は大きいと言う事ですね。

ですが、急にそう言われても、信じられないと思いますので、
詳しい内容をお伝えする前に、


この画期的なトレーニングは、岐阜の田舎の町で、
今までに1000人以上の子供が実践して、
その80%以上が見る見る内に視力回復した実績のある方法です。

 

PR